ティーダ18Gに、LONZA LZ-307取り付け準備 その12018年11月21日 11時51分51秒

LONZA LZ-307_2
↑:クリックで、拡大

衝動的に購入した『LONZA LZ-307』↓ですが、
http://pdagps.asablo.jp/blog/2018/11/21/9001420

とりあえず仮置きしてみました。
→角度が悪かったので、間にゴム製のドアストッパーを入れてます。

段ボールで作って事前に確かめてはいたのですが、
クラッチペダル踏み込み時に足とフットレストとの隙間がギリギリ。

安易にマジクロス固定でいけるかと思っていたのですが、
フロアトンネルに目一杯近づけて、きっちり固定しないと不安が残る。

いろいろ試行錯誤してみますが、現実的には以下かな?

1.フロアにアンカー打ち込み

2.アルミ板を加工して、台座となるブラケットを作る。

3.ブラケットをフロアにSCRにて、固定する。

4.フットレストをブラケットにSCRにて、固定する。

うーん、けっこう大変そう・・・(^_^;)

【蛇足】

年式なのかグレードの違いなのか、樹脂部品の付いたティーダを
参考にさせていただいている「みんから」↓にて発見。
https://minkara.carview.co.jp/car/nissan/tiida/note/

樹脂部品が有れば、強力な両面テープで可能だったかも・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本の国歌は、何ですか?

コメント:

トラックバック